iPhoneでPdを使う (3) – 開発の流れ

さて、MobMuPlotエディターの概要をひと通り理解できたと思います。
ここで、MobMuPlat(MMP)でiPhone上で自作Pdパッチを使うまでのおおまかな流れを以下に説明します。

ステップ1: MMPファイルを作る
iPhone上でマルチタッチの操作を受け付ける、インターフェースのファイルをMMPエディターで作成します。

MomMuPlat Editorによるインターフェースの制作
MomMuPlat Editorによるインターフェースの制作

ステップ2: Pdファイルを作る
MMPファイルで制作したインターフェースからの指示を音に反映する仕組みを定義するPdパッチを、MMP用にチューンされたPd(MMPエディターパッケージに同梱)を使って作成します。チューンされたPdは基本的にPd-Vanillaの機能しか使えません。

Pdで作成したMMP用のパッチの一例
Pdで作成したMMP用のパッチの一例

ステップ3: テストとデバッグ
iPhoneに2つのファイルをコピーする前に、MacOS上でテストします。MMPエディターには作成したインターフェースをテストする「Lock」モードがあり、これを用いれば、iPhoneを使わずともPdパッチとMMPインターフェースの連携がテストできます。エディターとOSX上でPdで十分なテストを行い、全てが思い通りに動くまでプログラムのデバッグを繰り返します。

Lockモードでテスト中のMMPエディター
Lockモードでテスト中のMMPエディター

ステップ4: iTunesを使って、両ファイルをiPhoneに転送する
iPhoneとMacsをUSBケーブルで接続してiTunesからファイルをiPhoneに転送します。

iTunesによるMMPファイルの転送
iTunesによるMMPファイルの転送

iPhoneでPdを使う (4) – シンプルな例で開発を体験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください