Twitter

Pure Data Japan 2nd Session

あのPure Data祭りがまた帰ってきます。

2013年5月に、渋谷パルコ2.5Dで行われた、プレゼンあり、デモあり、ライブありのPure Dataイベント「Pure Data Japan」の第二弾が新年早々、場所を変え六本木で再び催されます。今回もPdを使ってユニークな作品やデバイスを作る猛者たちが次々に登壇します!

日時:2014年1月9日(木) 19:00-22:00

場所:六本木Bul-let’s (会場は靴を脱いで上がって頂くフロアです)

入場料:1,500 円 (ワンドリンク付)

—-

発表者一覧(各15分程度を予定)

小宮知久(東京藝術大学音楽学部作曲科):「Clonal Hyperplasia」

鑑賞者の顔と音声を撮って最大96に増殖、変調して作品内部に投影、6chスピーカーで出力するインタラクティブなインスタレーションを作ってみたので紹介します。

中西宣人(東京大学大学院学際情報学府):「Mozzi と Pd を用いたプロトタイピングと自作楽器」

Mozzi (Sound Synthesis Library for Arduino)とPdを用いたプロトタイピング、自作楽器B.O.M.B.、POWDER BOXについてデモを交えながら紹介します。

松井克文(東京大学大学院学際情報学府):インスタレーション「sound of borderline」

風景の境界線をリアルタイムに音に変換する、オーディオビジュアルインスタレーションを発表します。

0120ss(慶應義塾大学SFC):「Mistakes In Space」

自身で定めた枠の中での緊張と緩和を、コンピュータ・ミュージックのライブパフォーマンスを通して体験、共有したいです。

藤野純也(大阪芸術大学博士課程/音楽学):「Pure Dataによる「リズミコン」の再現」

テルミンの発明者であるレフ・テルミンと作曲家のヘンリー・カウエルが共同開発したリズム楽器「リズミコン」をPure Dataで再現し、カウエル作曲のリズミコンと管弦楽のための協奏曲《リズミカーナ》より第四楽章を演奏。

松村誠一郎(東京工科大学/Pure Data Japan):「PdでLive coding」

音を途切れさせずにパッチを作れるPdで、ライブコーディングに挑戦します。

中村隆之(株式会社ブレインストーム):「Nagi アンビエントミュージック」

Maxで開発していた「Nagi」の映像つきバージョンをPureDataに移植し、ライブパフォーマンスします。

雫英樹(パーカッショニスト):「PureDataとパーカッションの出会い」

パーカッションとPureDataを組み合わせる事で新しい演奏の可能性を探ります。実験的な挑戦を暖かい目でお楽しみください。

谷口幸平(野良研究者@tgck/taikutz.org)・小楠竜也(早稲田大学大学院):自転車をインターフェースにして音の中をサイクリングする

自転車を漕ぐことで音を奏で映像を操るインスタレーション「Audio Cycling」を2013年11月にMaker Faire Tokyo に出展しました。今回はそのレポートと制作の舞台裏をお届けしたいと思います。Pure Data を音声の制御に利用しています。

山形一生(東京藝術大学大学院絵画科油画専攻):「つかめるようにする」

PdとGEMを使ってライブします。

美山千香士(ケルン音楽大学・チューリッヒ芸術大学/Pure Data Japan):「RaspBerry PiとPdで作るマイシンセ」

人気の5000円コンピュータ、RaspberryPiにPdをインストールして安価な自分だけのシンセを作り、さらにそれをMIDI機器やRaspberryPiのGPIOを介して接続したセンサーでコントロールする方法を紹介します。

 

[caption id="attachment_1866" align="aligncenter" width="300"]RaspberryPiとPdで作る。自作シンセサイザ RaspberryPiとPdで作る。自作シンセサイザ[美山][/caption]

前回のPure Data Japan 1st Sessionについての情報はこちら

 

 

Pd – leapmotionのWindows版

Pure Data Japanで公開しているPdのLeapMotionのプラグインをJakub  Valtar氏がWindowsに移植して下さいました。ダウンロードとインストラクション(英語)は以下からとなります。

http://mrfoxter.blogspot.nl/2013/10/leap-motion-pure-data-external-for.html

Pure Dataの新たな英語書籍

Pure Dataの新たな英語書籍が先鋭的なソフトウェア書籍で著名な2013年7月にPackt社から発売されたようです。

http://amzn.com/1782164642

350ページとかなりのボリュームです。内容は音合成というよりも、むしろマルチメディアに特化した内容となっているようです。日本からでもKindleで買えるので、興味はある方は是非。

OpenFrameworks と Pdを一体化

OpenFrameworksで映像を生成し、Pdで音声を生成するメディアアプリケーションを作る時に、連携をはかるためにPdとoFの両方を立ち上げてOSCで通信し合う必要がありますが、以下のdonomatikaさんのアドオンを使えば、Pdを使った音エンジンをOpenFrameworksのソフトの中に内包できるのでワンアプリ化が出来て便利です。

https://github.com/danomatika/ofxPd

中身はlibPdのようです。

 

Pure Data + Raspberry Piによる自作マルチギターエフェクト


Doitnowlabが、ラズベリーパイとPdでギターエフェクトを自作してます。回路図も公開してます。必見。

Pure Data Japan 1st Session無事に終了しました。

5/29、渋谷2.5Dで開催した”Pure Data Japan 1st Session“は無事に終了いたしました。

当日は平日にも関わらず、会場が満員になる大盛況でした。

国内初の大規模Pdイベントをこのような形で開催 できたのは、Tokyo Max Users Group様の素晴らしいオーガナイズ、会場をストリーミング放送を提供してくださったの2.5D様、両出版社(BNN新社様、ワークスコーポレーション様)、株式会社大広様のご支援、ゲスト出演してくださった皆様、そして来場者の皆様とUstreamをご視聴の皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

今後ともPure Data Japanと日本でのPure Dataの動きにご注目ください。

 

Miller Puckette氏によるRaspberry Pi上で動くPdのデモ(英語)

Pdの父であるミラー氏が直々に30ドル代のコンピュータ、Raspberry PiでPdを動かすデモです。安価なコンピュータとはいえ、しっかりフェイズボコーダまでちゃんと動作しています。


Raspberry Piは日本でも手に入れられます

Pure Data Japan 1st Session

満員御礼。前売りチケットは完売いたしました。当日券の販売はございません。チケットを手に入れられなかった方はUstreamでイベントをお楽しみください。

2013年5月29日、日本初のPure Dataイベント開催!

pdj-eye

特設サイトにアクセス

日本初のPure Dataイベント開催!
Pure Data(Pd)は無料で使えるオープンソースのビジュアルプログラミング環境です。テキストベースのプログラミング言語と違い、オブジェクトと呼ばれる”箱”をパッチコードという”線”でつなぐことで手軽にプログラムが作れます。
Pdは、音や映像そしてデバイス制御など、思いついたアイデアをスピーディにプロトタイピングするのに適しています。海外ではミュージシャン、アーティスト、 研究者、プログラマーなど、ユーザー達による活発なコミュニティが多数存在しています。

さあ、今度は日本です!
Pdは2013年2月のバージョンアップで多言語対応し、メニューも日本語化!
2012年、2013年と立て続けにPure Dataの日本語書籍が発売され、さらに、そのPd本の執筆者・松村誠一郎氏と美山千香士氏によりPdの日本語ポータルサイト「Pure Data Japan」が2013年2月に発足しました。
誰でも、いますぐにでも始められる環境が整ってきています。

今回はSocial TV Station 2.5Dより「Pure Data Japan」のキックオフイベントとして開催。ユーザー同士の交流の場として、これからはじめる人にも分かりやすいレクチャーを織り交ぜながらPdの魅力を紹介していきます。乞うご期待!

ゲストの顔ぶれ
wakita_profyamamotoogusu_tatsuyaosamu_iwasaki_2013_small

Pure Data開発者、M.Pucketteのインタビュー(英語)


オーストラリアのCollartsにおける、Pure Data作者 Miller Pucketteへのインタビュー。
彼がどのようにコンピュータ音楽の世界に入ったか、なぜMaxを作ったか、ライブ音楽の重要性、iPadについて、ヴィルトーソ等について語っています(英語)。

Pure Data関連本の新刊が発売されました


脇田玲氏によるマテリアルコンピューティングの本
「Access to Materials デザイン/アート/建築のためのマテリアルコンピューティング入門」がBNN社より発売されました。

素材に着目した、フィジカル(物理)コンピューティングと電子工作の入門書で、サーモクロミックインク・導電インク・導電糸などの“魔法の素材”と、Arduino・Proessing・Pure dataなどのオープンソースのツールを組み合わせ、新しいものづくりをする方法を解説しています。

第6章にて、布センサとArduino、Pduinoアブストラクションを使って、サウンドデバイスを作る方法を解説しています。

出版社紹介ページへ